連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷

 神戸市長田区、市立名倉小1年の女児(6)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職君野康弘容疑者(47)の自宅アパートの浴槽下から包丁が見つかっていたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警長田署捜査本部は包丁が遺体の切断に使われた可能性もあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、浴室などから女児の血痕が見つかっていたことも判明。一部の血痕は拭き取られたか、流されるなどした形跡があったという。

 県警は9月25日から4日間、君野容疑者宅を捜索・検証。捜査関係者によると、血痕は浴室や別の部屋でも見つかり、DNA型鑑定で女児の血液と一致したという。

 女児は9月11日午後5時半ごろに目撃されて以降、行方不明となった。遺体は同23日、君野容疑者宅近くの雑木林で見つかり、切断されて複数のビニール袋に入れられていた。袋の表面からは君野容疑者の指紋が検出されたという。

 県警によると、遺体は時間が経過しており、死因は特定できず、不明直後から1週間後ぐらいまでに死亡したとみられる。遺体は死後に鋭利な刃物で切断された可能性があるという。

 一方、3日に接見した代理人弁護士によると、君野容疑者は黙秘を続けているという。

2014/10/4

天気(8月26日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ