連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷

 神戸市長田区、市立名倉小1年の女児(6)=同区名倉町5=の切断遺体が見つかった事件で、女児が通っていた小学校の平井正裕校長(59)は25日、女児の母親(29)から、「子どもたちのために運動会を開いてほしい」と言われたことを明らかにした。

 27日に予定され、女児も楽しみにしていた運動会。事件を受けて延期となっていたが、母親の意向もあり10月4日に決まった。

 平井校長は容疑者逮捕後の24日夕方、母親にお悔やみの電話をしたという。「運動会はどうしましょうか」と尋ねると、「やってください」と泣きながら話したという。女児は、運動会のダンスを熱心に練習していた。

 また、同小は26日午後4時半から、緊急の保護者会を開く。登下校時の見守りや運動会について説明し、臨床心理士が子どもの心の変化や対応についても助言する。

2014/9/25

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ