連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷
保護者や警察官に見守られ、登校する名倉小の児童=24日午前8時、神戸市長田区房王寺町4
拡大
保護者や警察官に見守られ、登校する名倉小の児童=24日午前8時、神戸市長田区房王寺町4

 小学1年の女児(6)が行方不明になってから14日目。自宅近くで見つかった遺体が24日、女児と確認され、事態は最悪の結末となった。女児が通っていた神戸市長田区の市立名倉小学校では、児童が保護者に付き添われて登校。教諭や住民ら約80人が見守る中、こわばった表情で足早に校内へ向かった。

 「娘は報道を見て大泣きし、遅くまで『眠れない』と繰り返していた。母親としても掛ける言葉がない」。5年生の次女(11)に付き添っていた会社員の女性(48)はうつむいた。

 1年生の男児の母親(40)は「息子は言葉を失っていた。同じ1年生だし、言葉にならないのだと思う」と悲痛な表情を浮かべた。

 午前10時すぎから、平井正裕校長(59)が報道各社の取材に応じた。「かけがえのない命を奪われ、犯人に憤りを感じる。無事に返してほしかった」と涙ぐんだ。

 全校朝会では、少しでも不安があればスクールカウンセラーに相談することを呼び掛けたといい、「子どもたちや保護者の安全確保と心のケアに全力を尽くし、安心して学習する場をつくりたい」と声を絞り出した。

 27日に予定していた運動会はいったん取りやめ、後日開くかどうかは「女児の親御さんの気持ちもお聞きした上で決めたい」と説明した。

 神戸市教育委員会は24日、名倉小と周辺の小学校計6校の通学路に当面、警備員を配置すると発表。近くの学校では、事件の影響で欠席する児童もいたといい、市立全306校園にスクールカウンセラーを活用するよう文書で呼び掛けた。

2014/9/24

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 10%

  • 9℃
  • 6℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

お知らせ