連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷

 神戸市長田区の市立名倉小学校1年の女児(6)が行方不明になり、自宅近くで袋に入った子どもの遺体が見つかった事件で、兵庫県警は24日未明、殺人と死体遺棄容疑で長田署に捜査本部を設置。矢野浩司・捜査1課長と齋藤啓二・長田署長が、約20分にわたって会見した。

 主なやり取りは次の通り(回答は全て矢野捜査1課長)。

(矢野・捜査1課長の説明)

 9月23日午後4時10分ごろ、神戸市長田区長田天神町1丁目8番18号先、草むら内で捜査員が死体様のものの入ったビニール袋を発見し、遺体の状況から、殺人・死体遺棄事件と断定し、24日午前2時に長田警察署に刑事部長以下100人体制の捜査本部を設置した。

(質疑応答)

 -遺体発見から発表まで時間がかかった。

 「遺体が複数の袋に分けて入れられ、何重にも梱包されている状況だった。犯人の残した証跡を採取しながら作業を行ったため、若干時間がかかってしまった」

 -袋はいくつか。

 「捜査上の支障があり、答えられない」

 -頭部以外の部位は。

 「胴体部分、両脚部分を確認している」

 -遺体は小学1年の女児のものと断定したのか。

 「まだ。今後、DNA型鑑定で特定したい」

 -着衣は。

 「(女児の着衣として)手配していたものと同じと思われるワンピース、下着、肌着、サンダルを確認している」

 -現場を捜索したのは。

 「今回発見した現場は捜索には至っていなかった」

 -初めての場所だったのか。

 「そう。袋の場所は今回初めてだった」

 -胴体や両脚は別々の袋に入っていたのか。

 「その通り」

 -遺体は切断されていたのか。

 「そう考えても矛盾はしない」

 -袋が何重にも梱包されていた状況というのは。

 「ごみ袋みたいなもので、何重にも梱包されていた」

 -胴体は両手が付いている状態なのか。

 「その通り」

 -胴体は首から下か。

 「そういうこと」

 -両脚というのはひざ、太ももから下か。

 「太ももから下」

 -頭から首までと、首から太ももまでと、太ももから下か。

 「そう。ただ胴体の腰の部分は今見た限りでは見つかっていない」

 -死後、何日ぐらい経過しているのか。

 「司法解剖を待たないと分からない。かなり腐乱している」

 -性別は女児と考えていいのか。

 「それは断定できない。腰が無いから女性か男性か断定できない状況」

 -行方不明当時に背負っていたとされるリュックサックなどの所持品は現場にあったのか。

 「リュックサックは今のところ見つかっていない。サンダルはあった」

 -ワンピースとかサンダルは遺体とは別の袋に入っていたのか。

 「捜査上の支障があるので、詳細には答えられないが、遺体と一緒のものもあるし、そうじゃないのもある。身につけているということはない。(遺体と)同じ袋の中にあったということ」

 -周辺で不審者や不審車両の情報は。

 「ピンポイントであの辺というのはない」

 -遺体の発見に至った状況は。

 「捜査員が聞き込みや遺留品の手がかり発見のために回っている最中に、臭いに気付いて(現場まで)上がって行って発見した」

 -公開捜索から10日近くがたっている。今回見つかった現場は交番の近くだが、草むらを見ていなかった理由は。

 「(現場付近を捜索した)17日は空き家の発見を目的としつつ、エリアを回るというものだった。手前の階段下までは行っているという状況だった」

 -捜査に向けた今の心境は。

 「一刻も早く被疑者を逮捕することに尽きる」

 -遺体の入った袋は見つけやすい状況だったのか。

 「階段を上って、さらに斜めになったスロープみたいな場所。下の道からは見えない」

 -遺体の入れられていたごみ袋は全て同じ種類か。

 「ばらばら。同じ物もあるし違うものもある」

 -袋の色は。透明だったのか、例えば市の指定ごみ袋なのか。

 「被疑者を検挙した時に供述させたい部分なので、差し控える」

2014/9/24

天気(6月21日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 18℃
  • 40%

  • 29℃
  • 23℃
  • 20%

  • 32℃
  • 22℃
  • 30%

お知らせ