連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷

 神戸市長田区、市立名倉小1年の女児(6)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職君野康弘容疑者(47)に接見した増田正幸弁護士が27日、取材に応じ、同容疑者が「取り調べは録音・録画されている」と話したことを明らかにした。増田弁護士も取り調べの様子を可視化するよう兵庫県警に申し入れたという。

 増田弁護士の接見は24日から4日連続。この日も事件についての会話はなく、26日に女児のものとみられるリュックサックが見つかったことについても「一切していない」と述べた。君野容疑者は「(取り調べに)黙秘している」と話したという。

 増田弁護士は「取り調べでは生い立ちなど身の上話をしているようだが、詳しく『こういう話を聞かれた』というのは分からない」と説明。健康状態は「そんなに悪くなさそうだった」と述べた。

 君野容疑者は弁護人の選任方法を尋ねるなど刑事手続きの説明を受け、増田弁護士を弁護人に選んだという。

2014/9/27

天気(8月26日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ