連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷
君野康弘容疑者(会員制交流サイトより)
拡大
君野康弘容疑者(会員制交流サイトより)

 2014年9月に神戸市長田区で起きた小1女児殺害事件で、殺人や死体遺棄、わいせつ目的誘拐などの罪に問われた君野康弘被告(49)の裁判員裁判第5回公判が11日、神戸地裁であった。検察側は論告で「生命軽視の姿勢は甚だ大きく、結果は重大」と死刑を求め、弁護側は弁論で「死刑は妥当ではない」とした。同地裁の裁判員裁判で死刑求刑は初めて。判決は18日の予定。

 同被告は女児の殺害などを認める一方、誘拐はわいせつ目的ではないと主張している。

 検察側は、同被告が女児を殺害後、わいせつ行為に及んで目的を果たしたとして「性的欲求を満たすための誘拐」と計画性を強調。「口封じのため躊躇(ちゅうちょ)なく殺害。極めて猟奇的」と非難した。死刑判決は被害者が複数の場合が多いが、わいせつ目的の類似事件を含めて被害者1人でも複数の判決があるとした。

 被害者参加制度を利用して出廷している女児の母親も量刑意見を述べ「許すことは絶対にできない。生命を持って償ってほしい」と極刑を望んだ。

 弁護側は「計画性などは認められない」と反論。「わいせつ目的で誘拐しなくても、性的興味から遺体を損壊したことは不自然ではない。殺害行為にためらいがなくても死刑を考慮する事情にはならない」と主張した。

 ほとんど表情を変えなかった君野被告は最終意見陳述で「尊い命を奪ってしまい、ご遺族には申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 【神戸・長田の小1女児殺害事件】

 神戸市長田区で2014年9月11日、小学1年の女児=当時(6)=が学校から帰宅後に外出して行方不明になった。同月23日、自宅から約100メートルの雑木林から切断遺体が入ったビニール袋が発見され、兵庫県警は女児と特定、24日に死体遺棄の疑いで近くに住む無職君野康弘被告(49)を逮捕した。神戸地検は15年1月、精神鑑定の結果から刑事責任能力があるとして殺人罪などで起訴した。

2016/3/11

天気(1月20日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 60%

  • 9℃
  • 4℃
  • 70%

  • 12℃
  • 5℃
  • 60%

  • 10℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ