連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷
報道陣の取材に応じる増田正幸弁護士(左)と高木甫弁護士=21日午前、兵庫県警本部前
拡大
報道陣の取材に応じる増田正幸弁護士(左)と高木甫弁護士=21日午前、兵庫県警本部前

 神戸市長田区の女児殺害事件で、無職君野康弘容疑者(47)と接見した弁護人の増田正幸弁護士、高木甫弁護士が21日午前、神戸新聞社などの取材に応じた。主なやり取りは次の通り。

 -黙秘はまだ続けているか。

 「昨日の晩、認めたと聞いた。昨晩、簡単に報告だけ聞いて、今日再度確認した」

 -どのような文言か。

 「『認めました』という程度のこと。自供の具体的な中身は捜査当局に聞いてほしい。われわれは概括的な話を聞いているだけ」

 -動機については。

 「まだ聞けてない」

 -殺人と死体遺棄、どちらについても自供ということか。

 「と思う」

 -話している様子は。

 「特に今までと変わらない」

 -女児や遺族に対する謝罪は。

 「そういう話まではしていない」

 -県警への調べに対して認めた。

 「いえ、検察の調べに対して」

 -黙秘から自認に転じ今後の接見に影響は。

 「変わらない。『記憶通り、本当のことを話して』ということしかアドバイスしていない」

2014/10/21

天気(11月21日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 14℃
  • 7℃
  • 30%

  • 16℃
  • 7℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ