連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷
神戸市長田区の小1女児殺害事件の控訴審公判が開かれた大阪高裁=10日午前、大阪市北区西天満2
拡大
神戸市長田区の小1女児殺害事件の控訴審公判が開かれた大阪高裁=10日午前、大阪市北区西天満2

 神戸市長田区で2014年9月、小学1年の女児=当時(6)=が殺害された事件で、殺人や死体遺棄などの罪に問われた君野康弘被告(50)の控訴審の判決公判が10日、大阪高裁であった。樋口裕晃裁判長は一審神戸地裁の裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役に減刑した。

 控訴審では、被害者1人の事件で死刑適用の可否が主な争点となった。被害者1人で死刑とした裁判員裁判は09年の制度開始以降4例目だが、高裁判決でも支持されたケースはこれまでになかった。

 樋口裁判長は判決で、君野被告に計画性はなかったとし、「生命軽視の姿勢が強くうかがえるとは言えず、罪は軽減されるべき」と指摘。控訴審でも否認したわいせつ目的誘拐罪を認定したが、「殺害はその発覚を恐れた自己保身のためで、一審は動機の身勝手さを過大に評価している」と述べた。

 16年3月の一審判決は「生命軽視の姿勢は顕著であり、残虐性は極めて高い。死刑選択はやむを得ない」などと判断。わいせつ目的誘拐罪を含め、有罪と認定した。弁護側は控訴審で「事件に計画性はなく、(一審判決は)あまりにも処罰感情に引っ張られている」と死刑回避を訴えていた。

【神戸・長田の小1女児殺害事件】 神戸市長田区で2014年9月11日、小学1年の女児=当時(6)=が学校から帰宅後、外出したまま行方不明になり、同月23日、自宅近くの雑木林で切断遺体が見つかった。兵庫県警は24日に死体遺棄容疑で近くに住む君野康弘被告(50)を逮捕。神戸地検は殺人罪などで起訴し、16年3月18日、神戸地裁の裁判員裁判で死刑判決が言い渡された。被告側は即日控訴した。

2017/3/10

天気(6月20日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ