連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷
女児の遺体が発見された現場へ向かう捜査員。左上の青瓦の文化住宅が容疑者の自宅=24日午前10時33分、神戸市長田区長田天神町1
拡大
女児の遺体が発見された現場へ向かう捜査員。左上の青瓦の文化住宅が容疑者の自宅=24日午前10時33分、神戸市長田区長田天神町1

 神戸市長田区長田天神町1の雑木林で、行方不明になっていた市立名倉小1年の女児(6)=同区名倉町=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職君野康弘容疑者(47)=同区長田天神町=が、女児の後をつける姿がコンビニの防犯カメラに写っていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 兵庫県警はこの映像などから君野容疑者を不審人物としてマーク。身元が分かった翌日の16日、捜査員が同容疑者宅を訪れ、女児の姿を捜したが、「知りません」と答えたという。室内は異臭など特段変わった様子はなかった。

 君野容疑者は、11日午後3時20分~23日午後4時10分ごろの間、女児の遺体を雑木林に遺棄した疑いが持たれている。県警長田署捜査本部によると、君野容疑者は「黙秘します」と述べ、容疑の認否を明らかにしていないという。

 捜査関係者によると、11日午後3時15分ごろ、日傘を差して1人で歩く女児が写っていたコンビニの防犯カメラに、女児を気にしながら、後からふらふらと付いていく君野容疑者の姿が確認されたという。女児は同5時半ごろ、同区大丸町2の大丸山公園付近などで目撃されて以降、足取りが分からなくなった。

 女児の遺体は刃物のようなもので切断された痕があり、頭部と胴体などが、何重にも包まれた6個の袋に別々に入っていた。袋は半径数メートルの範囲に無造作に置かれていたという。24日午後には同じ雑木林で新たに、遺体の一部とみられるものが見つかった。

 袋の一部からは、折りたたんだ新聞紙やたばこの吸い殻などのほか、女児が行方不明時に身に着けていたとみられるワンピースやサンダルも見つかった。衣服は切断されていなかったという。

 遺体の発見場所は、君野容疑者の住居から北約30メートル、女児の自宅から約100メートルの距離にあり、県警はこれまで捜索していなかった。

2014/9/25

天気(8月26日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ