連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷

 2014年9月に神戸市長田区で起きた小1女児殺害事件で、殺人や死体遺棄、わいせつ目的誘拐などの罪に問われた君野康弘被告(49)の裁判員裁判第2回公判が8日、神戸地裁であった。被告人質問が始まり、殺害の動機について同被告は「女児の体を触りたいと思い、(ロープを使って首を絞めることを)とっさに思いついた」と述べた。

 7日の初公判で同被告は殺害などを認めたが、誘拐がわいせつ目的なのかについて争う姿勢を示している。

 同被告は自宅近くの路上で女児に声を掛けた理由を「(インターネットの交流サイトを強制退会され)さみしかったから話したいと思った」と説明。自宅で殺害するまで女児の体を触ったか問われると「ないです」と否定し、わいせつな気持ちが生まれたのは自宅で女児にジュースを飲ませ、同被告が飲酒している間だった、とした。

 証人尋問では君野被告の事件当時の飲酒状況を含めて精神鑑定した医師が「アルコール障害による影響はなく、本人の自覚はないが、女児を目撃後、性的対象として家に連れ込んだと考える」と証言した。

 9日も被告人質問が予定されている。

2016/3/8

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ