連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

神戸・長田女児死体遺棄

  • 印刷

 神戸市立名倉小1年、女児(6)=同市長田区名倉町=の切断された遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された君野康弘容疑者(47)は、酒に酔って大声を出し、近隣で「トラブルメーカー」と受け止められていた。その半面、インターネットの交流サイトで「だれか友達になって」と呼び掛け、人とのつながりを求めるなど、孤独を持て余す人物像も浮かんできた。

 君野容疑者の自宅は女児の家から約150メートルの2階建て文化住宅。同住宅の関係者によると、生活困窮者を支援する神戸市内のNPOから紹介され、昨年6月に入居した。契約時、同容疑者は「身内はいない」と説明したという。

 家賃は毎月、期日までに振り込んでいたが、部屋の水漏れを注意すると大声で怒鳴り返すなど「よく困らされた」と振り返った。

 近くでスーパーを経営する男性(63)は「いつも日中に来店し、カップ酒を2、3個買った。常に酔っている感じ。最近、金髪にし、ふらふらしていた」。

 焼き肉店を経営する夫婦によると、春先から数回来店。「『これいくら』と1品ずつ値段を尋ね、たいてい850円のランチと焼酎を頼んだ。ぼそぼそ話し、おとなしい感じで、昼間から外をぶらついていた」と話した。

 近くのラーメン店員(36)は酒を持って歩く同容疑者をたびたび目撃。長田天神町1-4丁目自治会の山本浩会長は「トラブルはいろいろあった」。今夏には自宅ベランダにパンツ1枚の姿で出て何か叫んでいたという。

 近所では猫に興味を持つ姿も目撃されている。君野容疑者の住む文化住宅の近くで約10匹の猫を飼う女性は昨年、同容疑者から「猫をほしい」と頼まれ、「かわいがるなら」と1匹を譲った。近くの男性は1年ほど前、女児に似た女の子がたびたび、同住宅に猫を触りに来るのを見たという。「(君野容疑者と)接点があったかどうかは分からない」と話した。

 一方で、君野容疑者は各種のインターネット会員制交流サイトに登録していたとみられ、交流を求める言葉を記していた。

 GREE(グリー)には「君野康弘」名の登録があり、年齢、誕生日が同容疑者と一致。自己紹介欄などに「独身」「だれか友達になって下さい」と書き込んでいた。中国系の友達探し掲示板にも「結婚相手メルトモ募集」と書き込んでいたとみられる。

2014/9/25

天気(8月26日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ