連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
久元喜造・神戸市長(右端)から「1・17希望の灯り」について説明を受ける安倍晋三首相=16日午前、神戸市中央区の東遊園地(代表撮影)
拡大
久元喜造・神戸市長(右端)から「1・17希望の灯り」について説明を受ける安倍晋三首相=16日午前、神戸市中央区の東遊園地(代表撮影)

 発生から20年を迎えた阪神・淡路大震災の復興状況を確認するため、安倍晋三首相が16日、兵庫県入りした。神戸・三宮の東遊園地では、現役首相として初めて「慰霊と復興のモニュメント」に献花。震災で犠牲になった6434人の冥福を祈った。

 久元喜造神戸市長らとともにモニュメントを訪れた安倍首相は、献花台に花束を供えた後、一礼。犠牲者の名を刻んだ銘板やガス灯「1・17希望の灯(あか)り」を見て歩いた。

 その後、神戸市中央区の「人と防災未来センター」を訪問。河田恵昭センター長が震災直後の街並みを再現したジオラマなどを紹介しながら、来館者の6割が小中高生である状況を説明。耐震化や防災・減災を社会に訴える拠点の重要性を伝えた。

 語り部3人とも意見交換。安倍首相は「20年の経験を防災に生かすことが大切。われわれも(阪神・淡路と東日本大震災の)二つの災害の経験を今後に生かしたい」と話した。

 続いて、同市内のホテルで女性起業家らと懇談した。(岡西篤志、磯辺康子)

2015/5/16

天気(7月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 32℃
  • 21℃
  • 20%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ