連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
生前の黒田裕子さんについて講演する宇都幸子さん(右)=東京都港区新橋6、福祉プラザさくら川
拡大
生前の黒田裕子さんについて講演する宇都幸子さん(右)=東京都港区新橋6、福祉プラザさくら川

 阪神・淡路大震災後に高齢者の見守りや災害看護に力を注ぎ、昨年9月に亡くなった黒田裕子さんの足跡に学ぶフォーラムが23日、東京都内で開かれた。約80人が災害時の要援護者支援について考えた。

 黒田さんが理事を務めた認定NPO「災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバード」(東京都)が、設立10年を記念して開いた。

 黒田さんと行動を共にした「阪神高齢者・障がい者支援ネットワーク」(神戸市)の宇都(うと)幸子代表が、「黒田裕子の目指したもの」と題して講演。「被災地で命を守るため、医療だけでなく生活環境にも目を向けることが原点」と指摘。「声にならない声を心で聴くことを大事にしていた」と振り返った。

 サンダーバードは、黒田さんに続き、代表理事の小山剛さんも今年3月に死去。災害時の要援護者支援システムづくりを目指しており、安井あゆみ事務局長は「2人の思いを引き継ぎ、支援の仕組みを育て続けたい」と話した。

(段 貴則)

2015/8/24

天気(6月27日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

お知らせ