連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
窯から取り出された竹炭=16日、神戸市中央区神戸港地方
窯から取り出された竹炭=16日、神戸市中央区神戸港地方

 阪神・淡路大震災の追悼行事「1・17のつどい」(神戸市中央区)で竹灯籠を準備してきた「神戸・市民交流会」が来年3月に解散する。使い終えた灯籠を炭にする作業は、今回が締めくくり。16日に完成した最後の竹炭を前に、メンバーは長年の活動に思いを寄せた。

 同交流会は1998年から追悼行事に竹灯籠を並べている。同会を創設し、1・17のつどい実行委員長も務めた中島正義さん(故人)が炭作りを学び、2002年から始めた。

2015/6/17

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ