連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
夜の神戸港に浮かび上がる20周年記念のイルミネーション=神戸市中央区波止場町
拡大
夜の神戸港に浮かび上がる20周年記念のイルミネーション=神戸市中央区波止場町

 神戸港・中突堤の神戸メリケンパークオリエンタルホテルが15日、開業20年を記念するイルミネーションの点灯を始めた。波と「20」の数字を組み合わせた電飾が建物東側の壁面に登場。9月14日までの毎日、午後6時~11時半に点灯し、20年間の感謝を伝える。

 同ホテルは、阪神・淡路大震災があった1995年の7月15日に開業した。電飾は20メートル四方で、2万3千個の発光ダイオード(LED)ランプを使用。周縁に20個の星を配置し、震災復興とともに積み重ねた20年の月日を表現した。

 午後7時45分からの点灯式には、宿泊客ら約200人が参加。光るリストバンドを着けた腕を振りながら、夜の港に浮かび上がる電飾を見詰めた。

 同ホテルの電飾は97年から毎年、冬の神戸港を彩ってきた。夏場に点灯するのは今回が初めてという。

(高見雄樹)

2015/7/16

天気(6月19日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ