連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷

 阪神・淡路大震災は17日、発生から21年となる。20年で区切りを付けた追悼行事がある一方、多くの行事が継続しており、今年も被災地は祈りに包まれる。

 市民団体の1月時点のまとめでは、市民による追悼行事は59件で昨年より51件減少した。

 神戸市中央区の東遊園地では午前5時から竹灯籠にろうそくをともす。形作る文字は従来の「1・17」から、公募を踏まえて「未来 1・17」に。市主催の「追悼の集い」では遺族らが追悼の言葉を述べる。同区のHAT神戸では、兵庫県などが主催の「ひょうご安全の日のつどい」が開かれ、午前11時50分から追悼式典がある。

 正午には寺院や教会が鐘を鳴らし、商店街や百貨店などで黙とうが呼び掛けられる。神戸港に入港する船も一斉に汽笛を響かせる。(高田康夫)

2016/1/15

天気(6月21日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 18℃
  • 40%

  • 29℃
  • 23℃
  • 20%

  • 32℃
  • 22℃
  • 30%

お知らせ