連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
インド洋大津波の被災地に入ったアース員(右)=2005年、スリランカ(兵庫県教育委員会提供)
拡大
インド洋大津波の被災地に入ったアース員(右)=2005年、スリランカ(兵庫県教育委員会提供)
アース員向けのハンドブック(手前)の改訂を進めるメンバー=兵庫県庁
拡大
アース員向けのハンドブック(手前)の改訂を進めるメンバー=兵庫県庁

 阪神・淡路大震災をきっかけに発足した兵庫県教育委員会の震災・学校支援チーム「EARTH(アース)」が、若手に経験を継ぐ取り組みを始めた。設立から15年以上たち、当時からのメンバーは数えるほどに。県教委は研修会を開いたり、メンバー用ハンドブックを改訂したりして、次世代の「災害に強い先生」を育てようとしている。(上田勇紀)

 「震災当時を知らなくても分かりやすい内容にしよう」

 昨年12月初旬。アースの班長ら5人が集まり、心得や作業要領を記したハンドブックの見直し作業を始めた。2006年の作成以来、初の改訂となる。

 議論になったのは避難所のペットの扱い。ハンドブックでは「室内に入れない」とだけ書かれている。芦屋高校主幹教諭の浅堀裕さん(53)は「実際はペットに配慮したケースがあった。表現を工夫しなければトラブルのもとになる」と指摘した。

 浅堀さんは震災当時、御影高校(神戸市東灘区)に勤務。約1700人が体育館などに避難した。泊まり込みで避難所を運営する中、「ペットも家族」と訴える被災者のため、部屋を設けた経験から出た言葉だった。

 マニュアル通りにいかない非常時をどう乗り切るか。新たな手引の表現に、知恵を絞る。全体的に写真を多くしてイメージをつかみやすくすることも考えている。

 「派遣先で『神戸から来た』と言うと頼りにされる。だからこそきちんと引き継がなければ、今後のアースは成り立たない」と浅堀さんは話す。

 県教委によると、発足時のメンバーは多くが引退し、浅堀さんら10人のみ。159人のうち30代が63人と最多の4割を占める。

 県教委は昨夏、若手向けの本格的な研修を初めて開いた。教育企画課は「あと数年で震災後生まれも入ってくる。ベテランがいるうちに、引き継ぐ機会を増やしたい」とする。

   ◇  ◇  ◇

■若手女性教諭「私たちが担う」

 若手アース員は、ベテランの背中を追う。神戸聴覚特別支援学校(神戸市垂水区)教諭の中川芳美さん(33)は昨年4月にメンバー入り。8月には東日本大震災の被災地・宮城県を訪れ、現地の教職員と交流した。

 21年前は東大阪市の中学1年生。インフルエンザが治り、「久しぶりの学校」と興奮して眠れなかった明け方。突然の揺れは「ダンプカーが突っ込んできた」と感じた。神戸市長田区にあった親戚の靴工場は全焼した。

 宮城県で、先輩の言葉に重みを感じた。「できることから、無理せずやっていきましょう」。多様な課題に悩む教職員の心をほぐしたように感じた。

 最近、福祉避難所について勉強を始めた。中川さんは「プレッシャーも感じるけど、つないでいかなければ。障害者の支援にも力を入れたい」と話す。

【EARTH】2000年4月、兵庫県教委が全国初の組織として設置した。防災教育の講座を修了した教職員のうち希望者が登録し、現在159人が所属。被災地で学校の避難所運営を手伝ったり、子どもの心のケアに努めたりする。新潟県中越地震(04年)や東日本大震災(11年)のほか、スマトラ沖地震(04年)や中国・四川大地震(08年)など海外支援も多い。活動は昨年12月までに180回(県内の講演などを除く)。

2016/1/11

天気(6月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ