連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
人気曲を披露する中西圭三さん(中央)=兵庫県立文化体育館
拡大
人気曲を披露する中西圭三さん(中央)=兵庫県立文化体育館

 阪神・淡路大震災や東日本大震災の被災地の市民が声を合わせる「1・17震災祈念コンサート」が17日、神戸市長田区蓮池町の県立文化体育館であった。約400人で歌う「しあわせ運べるように」や宮城県南三陸町の復興応援ソング「未来へ」に耳を傾けた。

 犠牲者の鎮魂と、傷ついた心を癒やそうと、関西を中心に活動するシンガーグループ「human note(ヒューマン・ノート)」などでつくる実行委の主催で7回目。南三陸町から7人の歌い手が駆けつけ、夢野台高(同市兵庫区)の吹奏楽部も協力した。

 ゲストとしてシンガー・ソングライターの中西圭三さんが登場。作曲した人気曲「Choo Choo TRAIN」を、ヒューマン・ノートのメンバーと披露し、会場を沸かせた。

 後半は、神戸市内を中心に一般参加の人たちも合唱に加わった。優しい歌声が会場を包み込み、目に涙を浮かべながら歌う参加者もいた。(井上 駿)

2016/1/17

天気(9月17日)

  • 31℃
  • 25℃
  • 20%

  • 28℃
  • 23℃
  • 40%

  • 32℃
  • 24℃
  • 10%

  • 31℃
  • 23℃
  • 10%

お知らせ