連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
3・11支援集会で発言する小森星児さん=いずれも6月11日夜、神戸市中央区下山手通4
拡大
3・11支援集会で発言する小森星児さん=いずれも6月11日夜、神戸市中央区下山手通4
東日本大震災の被災地支援の報告などがある集会
拡大
東日本大震災の被災地支援の報告などがある集会

 阪神・淡路大震災をきっかけに発足した市民団体「神戸復興塾」の小森星児さん(79)=篠山市=が先月末、約19年間続けてきた塾長を引退した。「被災者のために」を合言葉に、阪神・淡路でも東日本大震災でも人に寄り添い、仲間とボランティア活動に力を尽くしてきた。今後はメンバーの一人として活動を支える。(上田勇紀)

 小森さんは東京都出身。神戸山手大学学長やひょうごボランタリープラザ初代所長などを歴任し、災害ボランティア派遣の礎を築いた。

 神戸復興塾は阪神・淡路の翌年、1996年に始まった。コンサルタント、医師、弁護士、ジャーナリストらが課題を持ち寄り、解決策を探った。「異業種が集まったのが特徴」と振り返る。

 神戸市内の災害復興住宅では、入居者と地元団体との事前交流会を実現。99年からは、同市長田区を歩き、震災の記憶を継承する「こうべi(あい)ウォーク」を始めた。

 「名古屋の人が花の苗を寄付する」と聞けば、被災者との調整役を担った。「行政にはできないことを、市民が力を合わせてやってきた」と自負する。

 2011年の東日本大震災後は、東北などから兵庫県に避難してきた被災者を支援。洗濯機や布団をワゴン車に積み、仲間と避難者がいる住宅を回った。直後から、支援者らが情報交換する「3・11支援集会」を開催。発生から4年3カ月がたった今も、各種団体や個人が月に1度集まり、意見を交わす。

 塾長引退は「もうすぐ80歳。そろそろバトンを渡すべき時」と決意した。次の塾長は決まっていないが、支援集会は当面継続し、兵庫と東北をつなぐ。

 「いずれ南海トラフ巨大地震が起こる。そのとき、阪神・淡路や東日本の経験を知る人を一人でも増やしたい。それが備えになる」と小森さん。引退後も篠山市から神戸に通い、集会を見守る。

 次の支援集会は7月13日午後6時半から、神戸市中央区雲井通5の勤労会館で。資料代500円で参加可。

2015/6/17

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ