連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
阪神・淡路大震災での神戸市の対応について耳を傾ける参加者ら=神戸市危機管理センター
拡大
阪神・淡路大震災での神戸市の対応について耳を傾ける参加者ら=神戸市危機管理センター

 自治体が災害対応の経験と教訓を共有し、大規模災害に備えるための「中越大震災ネットワークおぢや」の研修会が28日、神戸市危機管理センター(中央区加納町6)で開かれ、27自治体から、危機管理の担当者らが出席した。

 2004年の新潟県中越地震を機に、同県小千谷市などを事務局に発足した同ネットワークは現在、全国76自治体が参加。年1回、情報交換などを兼ねた研修会を開いている。

 この日は、阪神・淡路大震災での救助活動や復興での取り組みなどについて、神戸市職員らが講演。地域防災計画の改定や、上下水道などライフラインの多重化の重要性について語った。参加者からは「自助や共助の重要性をどのように市民に伝えるか」「震災経験のない職員の研修はどうしているか」などの質問があった。

 29日午前10時~正午には、あすてっぷKOBE(神戸市中央区橘通3)で、市民による防災、減災活動をテーマにした市民公開シンポジウムがある。無料。市危機管理室TEL078・322・6487

(長嶺麻子)

2015/7/29

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ