連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
チキンジョージで1週間続けて開く公演「長江健次カフェ」について語る長江健次さん=神戸新聞社(撮影・冨居雅人)
拡大
チキンジョージで1週間続けて開く公演「長江健次カフェ」について語る長江健次さん=神戸新聞社(撮影・冨居雅人)

 阪神・淡路大震災から復興の道を歩んできた神戸を元気づけようと、タレントの長江健次さん(51)が18日から、ライブハウス「チキンジョージ」(神戸市中央区下山手通2)で「長江健次カフェ」を開く。2年前から続くこのイベントには、音楽、落語家ら長江さんの幅広い仲間が集結。トークも交えたステージを繰り広げる。24日まで。(坂山真里緒)

 長江さんは1980年代の人気テレビ番組でデビューした「イモ欽トリオ」のメンバー。震災以降、「神戸が元気になるイベントをしたい」と思い続け、2014年、ライブ初開催にたどり着いた。思いに賛同する著名人が集まってくれる様子に、「この20年、寄付もしてきたが、お金以上に絆の大切さを感じた」と振り返る。

 今回も、スターダスト☆レビューの根本要さん、シンガー・ソングライター伊藤銀次さん、歌手の加護亜依さんらが駆けつける。22日には、落語家の桂ざこばさんとキャスターの宮根誠司さんが競演。「どんな話が飛び出すか楽しみ」と長江さんは期待する。

 昨年に続き、24日にはイモ欽トリオの山口良一さんと西山浩司さんも登場。「お客さんにもゲストにも、面白かったわぁと思ってもらえるステージにしたい」と意気込んでいる。

 18~23日は午後7時半、24日は午後5時開演。前売り5千円、当日5500円。チキンジョージTEL078・332・0146

2016/1/6

天気(10月18日)

  • 22℃
  • 19℃
  • 60%

  • 21℃
  • 14℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 60%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

お知らせ