連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
そろいのTシャツを着て、協力を呼び掛けるHANDSのメンバー=神戸市中央区三宮町1
拡大
そろいのTシャツを着て、協力を呼び掛けるHANDSのメンバー=神戸市中央区三宮町1

 阪神・淡路大震災の遺族や支援者らでつくるNPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯(あか)り(HANDS)」が17日、神戸・三宮の三宮センター街で募金活動を始めた。中心メンバーが高齢化し、寄付金も減少する中で、“ポスト震災20年”を見据えた語り継ぎ活動の維持を目指す。

 HANDSは三宮の東遊園地にあるガス灯「1・17希望の灯り」の清掃、被災者の交流活動などに取り組む。会員は375人だが、人的、財政的にも運営が厳しくなっている。

 藤本真一代表理事(31)は、毎年1月17日に同遊園地である「1・17のつどい」の実行委員長。16日には存続のための改革案を提案するなど、先細りが懸念される継承活動のあり方を模索する。

 募金活動を企画した原田朝子理事(34)は「街頭で訴えることで一人でも震災を思い返し、活動に協力してもらえたら」と話す。今後も定期的に街頭募金を行う。(高田康夫)

2015/10/17

天気(11月15日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ