連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
「117KOBEぼうさい委員会」の活動内容を報告する田中瞳さん=あすてっぷKOBE
拡大
「117KOBEぼうさい委員会」の活動内容を報告する田中瞳さん=あすてっぷKOBE

 若い世代に阪神・淡路大震災の記憶と教訓の継承する活動をしている「117KOBEぼうさい委員会」のメンバーで神戸学院大2年の田中瞳さん(19)が29日、あすてっぷKOBE(神戸市中央区橘通3)で、全国の自治体職員ら約60人に活動を報告した。

 災害対応の経験と教訓を共有するために自治体で構成する「中越大震災ネットワークおぢや」(事務局・新潟県小千谷市など)が神戸で開催している研修会の一環。同委員会は県内6大学の学生約40人が、震災経験や防災知識などを伝えるため幅広く活動している。

 田中さんは、新聞紙でスリッパ、ポリ袋で雨がっぱなどを作る「ぼうさいワークショップ」や、昨年度約500人が受講した「ぼうさいマスター」の育成について紹介した。

 「知識があれば誰かを救える。若い世代が伝えるからこそ耳を傾けてもらえることがある」と活動の意義を語った。(金 慶順)

2015/7/30

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ