連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
映画「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」から((C)2015 NHK)
拡大
映画「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」から((C)2015 NHK)

 阪神・淡路大震災と東日本大震災をテーマにした映画「LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」が16日から、神戸・元町映画館で先行上映される。NHKで昨年3月10日に放送されたドラマを映画化。復興を願う歌「しあわせ運べるように」を軸に、若者の揺れる心を描く。

 主人公は、福島第1原発事故で神戸に避難してきた女子高生。所属する合唱部の顧問から、卒業前にみんなで「しあわせ運べるように」を歌うことを提案されるが、歌う気になれない。そんな時、福島の同級生に誘われ、立ち入り制限区域になった母校を目指す-。

 監督の井上剛さんはNHKのディレクターで、「その街のこども 劇場版」や連続テレビ小説「あまちゃん」など震災関連のドラマを手掛けた。本作では福島と神戸、それぞれの震災を経験した若者たちのすれ違いと、共に未来に希望を見いだしていく姿を映し出す。

 主演は女性グループ「E-girls」の石井杏奈さん。ロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知さん(神戸市北区出身)らが脇を固める。1時間40分。(溝田幸弘)

2016/1/15

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ