ニュース
  • 印刷
兵庫県庁
拡大
兵庫県庁

 兵庫県教育委員会は15日、同日に実施した県立高校の推薦と特色選抜の入試で、鳴尾高(西宮市)、明石北高(明石市)、西宮甲山高(西宮市)の3校で出題ミスがあったと発表した。いずれも該当箇所を全員正解とし、合否判定に影響はないという。

 鳴尾高国際文化情報学科の数学(100点満点)では、確率の大問(20点)の解き方が、検定教科書に記載されていない内容だったため、小問3題全てを全員正解とした。

 明石北高自然科学科の英語(100点満点)には、解答用紙に記載ミスがあり、全員に4点を付与する。西宮甲山高普通科の特色選抜では、小論文の総合問題(100点満点)の正しい楽譜を選ぶ選択問題(5点)で、楽譜の音符に一部間違いがあった。

 推薦や特色選抜は各校が個別に問題を作成、点検しており、いずれも試験終了後に教員が誤りに気づいたという。県教委は「受験生や保護者らに多大なご迷惑をおかけして申し訳ない」としている。(井上 駿)

ニュースの一覧

天気(8月19日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ