連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

尼崎連続変死事件公判

  • 印刷
李正則被告をめぐる人物関係図
拡大
李正則被告をめぐる人物関係図

 尼崎連続変死事件で、角田美代子元被告=自殺時(64)=の義理のいとこ李正則被告(41)に対する裁判員裁判の判決公判が13日、神戸地裁で開かれた。平島正道裁判長は「元被告に匹敵するほどの重要な役割を積極的に果たした」などとして求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 一連の事件では元被告の親族7人が起訴された。一審判決は6人目で、そのうち最も重い量刑となった。

 李被告は、五つの事件で、3件の殺人や傷害致死、死体遺棄など計10の罪に問われた。弁護側は、決定的な虐待行為などには関与していなかった上、角田家の中で立場が低かったことから犯罪を押し付けられたなどとして、大半の罪で争っていたが、判決は全事件で元被告との共謀を認めた。

 判決によると、李被告は元被告らと共謀して、2005~11年、角田久芳さん=死亡時(51)=を沖縄の崖から飛び降りさせて殺害。仲島茉莉子さん=同(26)=を尼崎市のマンションベランダの物置に監禁して、虐待や暴行を加えて死なせたほか、橋本次郎さん=同(53)=を殺害して、遺体を岡山県の海に投棄するなどした。

 平島裁判長は、李被告らと元被告の関係について「絶対的権力で忠誠を誓わせる元被告を恐れ、被告らは服従していた」と指摘。李被告については「元被告は『汚れ役』として利用したが、李被告は進んで『汚れ役』を果たしていた」とした。量刑理由では「基本的に死刑を検討しなければならない重大な事件」とも述べ、「他の被告らとは質的に異なる関与をしていた。元被告の手足となる李被告がいなければ、各犯行の実現は非常に困難だった」とした。

 裁判員の選任期間は計120日だった。

【尼崎連続変死事件】2011年11月、尼崎市の貸倉庫でドラム缶に入った女性の遺体が発見されたことを受け、角田美代子元被告=自殺時(64)=の周辺で不審死や行方不明が相次ぐことが発覚した。兵庫県警は一連の捜査で男女8人の死亡を確認し、元被告と親族7人を逮捕。元被告は12年12月、留置場で自殺したが、これまでに親族4人の刑が確定し、1人が控訴中。最後の1人の公判が神戸地裁で続き、判決は来年2月12日の予定。

【特集】尼崎連続変死事件公判

2015/11/13

天気(4月20日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ