連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
新たに代表理事に就いた藤本真一さん(前列右から2人目)と前代表理事の堀内正美さん(右端)=神戸市中央区加納町6
拡大
新たに代表理事に就いた藤本真一さん(前列右から2人目)と前代表理事の堀内正美さん(右端)=神戸市中央区加納町6

 神戸市のNPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り」(HANDS)の総会が22日、三宮・東遊園地で開かれ、代表理事が俳優の堀内正美さん(64)から会社役員藤本真一さん(30)=神戸市北区=に交代した。20~40代の3人も新しく理事に就任し、組織は一気に若返った。堀内さんは一会員として活動に参加する。藤本さんに意気込みを聞いた。

 「これまでの歴史の重みと責任を感じ、身が引き締まる思い。期待と不安でいっぱいです」。前身のボランティア団体以来、活動をリードしてきた堀内さんから託されたバトンは重い。藤本さんはそう語る。

 阪神・淡路大震災当時は小学4年だった。自宅に被害はなかったが、父に被災地に連れて行かれ「よく見ておけ」と言われた経験が忘れられないという。

 2011年、東日本大震災の被災地を支援する同法人のプロジェクトに参加。12年には理事になった。高齢化が進むメンバーから、当時20代だった藤本さんに寄せられる期待は大きかった。

 世代交代の必要性を痛感していた堀内さんの誘いもあり、代表理事就任を決意。「僕の次に若い理事が50代。このままではいけないと思った」

 毎年「当たり前のように」開かれる東遊園地での追悼行事も、同法人の地道な取り組みがあったからこそ今の姿がある。「堀内さんの代で終わらせてはいけない。今ある形を引き継いでいく仕組みづくりが当面の僕の務め」と力を込める。「若い世代に震災の記憶を伝え、次の災害に備える。そんな活動を目指したい」(黒川裕生)

2014/6/23

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ