連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
完成した「がんばれ前山」Tシャツを掲げる北村久美子さん=丹波市市島町上竹田
拡大
完成した「がんばれ前山」Tシャツを掲げる北村久美子さん=丹波市市島町上竹田

 8月の豪雨で土砂崩れなど大きな被害が出た兵庫県丹波市市島町の前山(さきやま)地区を応援するTシャツが完成した。阪神・淡路大震災で被災し、同地区に移住した北村久美子さん(55)が企画。震災被災者を励ましてきたイラストレーターの「WAKKUN(ワックン)」こと涌嶋克己さん(64)=神戸市長田区=がデザインを担当した。(森 信弘)

 1995年の阪神・淡路大震災で、北村さんは神戸市灘区の自宅が全壊。丹波市市島町に引っ越した。今夏の豪雨で自宅に大きな被害はなかったが、前山地区では多くの家屋が損壊し、住民1人が亡くなった。

 涌嶋さんは、阪神・淡路大震災後に被災地支援のTシャツに描いた「ガッツくん」のイラストで知られる。仕事を通じた知り合いだった北村さんは豪雨直後、「神戸でも生き抜いたんやから絶対頑張れ」と言葉を掛けられて涙が出たという。

 同地区では豪雨から2カ月近くたっても、暮らし再建の道筋が見えない住民が多い。「被災者一人一人は『頑張れ』と言われなくても分かっているけど、地域としては頑張らないといけないときだと思う」と北村さん。

 応援Tシャツを作ろうと、デザインを涌嶋さんに依頼。北村さんが交流を続けてきた東日本大震災の被災地の仮設住宅から届いた義援金などをもとに、250着を製作した。胸にはキリッと前を見据える顔、背中には「がんばれ前山」の文字が力強く描かれた。

 約50着は義援金などで支援してくれた人たちに贈ったほか、今後は地区の住民に配る。一般販売も予定している。前山コミュニティセンターTEL0795・85・1092

2014/10/8

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ