連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
東京一極集中などについて意見が交わされた分科会=神戸国際会議場
拡大
東京一極集中などについて意見が交わされた分科会=神戸国際会議場

 阪神・淡路大震災から20年の取り組みを振り返り、今後の災害への備えを議論し発信する「メモリアル・コンファレンス・イン神戸2015」が20日、神戸市中央区の神戸国際会議場で始まった。21日まで。

 人と防災未来センターなどでつくる実行委主催。河田恵昭・同センター長らの基調講演の後、6テーマで分科会が開かれた。

 「国土のグランドデザイン」をテーマにした分科会の討論では、東京一極集中の是正に向け、国土計画のあり方や公共投資の必要性などが議論された。

 藤井聡・京都大教授は「システムが有機的につながる現在、一極集中は国が滅びかねないリスクだ」と危機感を訴え、企業に地方移転を促す税制優遇などの必要性を訴えた。

 家田仁・東京大教授は、集中の是正には「リスクの“見える化”が必要」と強調。さらに、首都圏と名古屋、関西への時間距離を縮めるリニア中央新幹線が「分散化のチャンスになるのでは」と話した。

 21日は午前10時~午後5時半。実行委(人と防災未来センター内)TEL078・262・5068

(高田康夫)

2015/1/20

天気(7月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ