連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
写真展「阪神・淡路大震災を忘れない~from117~」を企画した兼平さん=東京都新宿区、ギャラリー新宿座
拡大
写真展「阪神・淡路大震災を忘れない~from117~」を企画した兼平さん=東京都新宿区、ギャラリー新宿座

 関東でも阪神・淡路大震災の記憶を語り継ごうと、神戸市長田区の主婦兼平英真里さん(38)が、東京都新宿区のギャラリーで、被災直後の神戸の姿をとらえた写真の展覧会を開いている。

 東京の知人から阪神・淡路の風化が進んでいると聞き、「20年前に故郷の風景を失った人たちがいることを、思い出してほしい」と企画した。

 長田の住民や小学校の協力を得て、震災直後の被災地を写した写真約100点と、当時の小学生の作文などを展示している。1月17日生まれという東京都板橋区の歯科衛生士の女性(36)は「いま一度記憶に刻みたい」と見入っていた。

 18日まで。500円。ギャラリー新宿座TEL03・3356・8668

(山本哲志)

2015/1/16

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 13℃
  • 7℃
  • 50%

  • 16℃
  • 9℃
  • 10%

  • 15℃
  • 8℃
  • 20%

お知らせ