連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷

動画一覧へ
追悼のろうそく作りをするボランティア=25日午前、神戸市灘区摩耶埠頭(撮影・後藤亮平)
拡大
追悼のろうそく作りをするボランティア=25日午前、神戸市灘区摩耶埠頭(撮影・後藤亮平)

 阪神・淡路大震災20年の追悼行事でともすろうそく作りが25日、神戸市灘区の摩耶埠頭公園で始まった。

 ろうそくは、神戸市役所南の東遊園地で毎年開かれる「1・17のつどい」で竹灯籠に浮かべ、暗闇に「1・17」を浮かび上がらせる。市民グループ「神戸・市民交流会」が1998年から続けている。

 朝から降る雨の中、約25人が、全国のホテルなどから譲り受けた使用済みのろうそくを溶かし、半球型の容器に流し込んだ。山形県や青森県のNPOからも手作りのろうそくが届く。当日までに2万個を用意する。

 「ずっと続く大切な行事。若い世代が受け継がないと」と、大学1年生のときから参加する兵庫県立大4年生の宮崎里咲さん(21)。

 作業は12月13日まで。毎週火・木・土曜日の午前10時~午後3時に同公園で。市民交流会はボランティアを募っている。山川さんTEL090・2383・8589

(木村信行)

2014/11/25

天気(8月6日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 38℃
  • 22℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 10%

お知らせ