連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷

 阪神・淡路大震災から20年となる来年1月17日に東遊園地(神戸市中央区)で催される追悼行事に合わせ、ポートライナーと六甲ライナーの臨時便の運行が正式に決まった。ポートアイランド(同市中央区)や六甲アイランド(同市東灘区)の被災者らが、黙とうをささげる5時46分に間に合うように始発が13~33分繰り上がる。

 両ライナーを運行する神戸新交通が12日、発表した。

 ポートライナーの臨時便は、中埠頭駅を午前5時21分に出発し、東遊園地の最寄りの貿易センター駅に同30分に着く。六甲ライナーは、マリンパーク駅午前5時5分発、住吉駅着同14分で、JRか阪神を利用すると、同35分ごろに三宮に到着する。

 来年1月17日は、土曜日に当たる。より多くの被災者らが追悼行事に参加できるようにと、ひょうごボランタリープラザの高橋守雄さんやNPO法人「阪神高齢者・障害者支援ネットワーク」の理事長で、9月に急逝した黒田裕子さんらが署名活動を続けていた。

 市営地下鉄西神・山手線も、午前4時台に臨時便の運行が決まっている。

(小川 晶)

2014/12/12

天気(7月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ