連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷
亡くなったななみさんの写真を手に、涙をぬぐう菊地篤也さん=17日午前6時5分、東遊園地(撮影・辰巳直之)
拡大
亡くなったななみさんの写真を手に、涙をぬぐう菊地篤也さん=17日午前6時5分、東遊園地(撮影・辰巳直之)

 阪神・淡路大震災は17日、発生から丸20年を迎えた。発生時刻の午前5時46分に合わせて各地で追悼行事が営まれ、東日本大震災と新潟県中越地震の被災者も、神戸で祈りをささげた。復興途上にある古里の姿と重ね合わせ、午前5時46分、静かに目を閉じた。

 三宮の東遊園地には、宮城県名取市の漁師菊地篤也さん(52)の姿があった。東日本大震災で、同市閖上(ゆりあげ)地区の自宅が津波に流され、中学2年の長女ななみさん=当時(14)、母とも子さん=同(67)=が亡くなった。

 家族も家も船も、津波はさらった。「『頑張れ』って言葉が嫌いになった。何を頑張れっていうのか…」

 震災2年後、新しい船が完成し、漁に出た。だが悲しみは癒えない。地元の追悼式にはまだ、足を運べない。

 今年、同地区で被災した9人と一緒に初めて神戸を訪れた。時報とともに祈りの瞬間が近づくと、ななみさんの写真を見つめた。こぼれる涙を、何度も手でぬぐう。

 黙とう-。

 「20年たっても、神戸もおんなじなんだって思った。もっと早く来れば良かった」

 そう話す菊地さんの表情は、東遊園地に足を踏み入れる前より少し緩んでいた。

 新潟県長岡市山古志からは、6人が神戸市長田区の鷹取商店街を訪れた。2004年の中越地震で、真っ先に支援に駆けつけたのが同商店街の人たちだった。

 中越地震当時、中学1年で、自宅が全壊した畔上(あぜがみ)凌(りょう)さん(23)は初参加。昨夏から山古志の「復興交流館」で案内スタッフとして働く。「神戸の姿は中越のこれから。ここで感じた空気を地元で伝えていきたい」

(上田勇紀、小尾絵生)

2015/1/17

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 13℃
  • 7℃
  • 50%

  • 16℃
  • 9℃
  • 10%

  • 15℃
  • 8℃
  • 20%

お知らせ