連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷

動画一覧へ
俠友会本部へ家宅捜索に入る兵庫県警の捜査員ら=15日午前10時、淡路市志筑
拡大
俠友会本部へ家宅捜索に入る兵庫県警の捜査員ら=15日午前10時、淡路市志筑

 兵庫県警暴力団対策課と明石署などは15日午前、暴力団員による詐欺事件の関係先として、淡路市志筑の暴力団「俠友会」事務所を捜索した。俠友会は、国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)から分裂した新組織「神戸山口組」の有力団体。同事務所を県警が捜索するのは分裂後初めてで、新組織の実態把握も狙いとみられる。

 捜査関係者によると、今回の分裂では山口組直系組長だった13人が8月末に離脱し、神戸山口組を設立したという。俠友会の事務所は、神戸山口組が他の暴力団組織に発足を知らせたとされる文書で「連絡先」と記されており、県警は新組織内での位置づけに関心を寄せている。

 捜索は午前10時ごろに約50人態勢で始まり、1時間程度で終了した。組関係者が「責任者誰や」と声を荒らげる場面もあり、ヘルメットなどを着用した警察官が周辺を警戒した。

 県警によると、暴力団員の詐欺事件をめぐっては、洲本市内の金融機関で2010年6月、俠友会傘下組織の2人が組員の身分を隠して口座を開設し、通帳などをだまし取った疑いが持たれている。

2015/9/15