連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
使用差し止めの仮処分請求が出された任俠山口組の本拠地事務所=2017年6月、尼崎市戸ノ内町
拡大
使用差し止めの仮処分請求が出された任俠山口組の本拠地事務所=2017年6月、尼崎市戸ノ内町

 指定暴力団山口組の3分裂騒動に絡み、任侠(にんきょう)山口組が兵庫県尼崎市に構える本拠地事務所について、暴力団追放兵庫県民センター(神戸市中央区)が28日午前、使用差し止めの仮処分を神戸地裁に請求した。捜査関係者への取材で分かった。指定暴力団の本拠地事務所に対する同様の請求は、神戸山口組に続き2例目。

 任侠山口組は昨年4月、指定暴力団神戸山口組から離脱した。今年3月に県公安委員会が指定暴力団として公示し、傘下組織「真鍋組」事務所(尼崎市戸ノ内町)を本拠地と認定。同事務所は幹部らが集まる定例会に使われ、神戸山口組を批判する記者会見も開かれた。

 請求は、地元住民の委託を受けて暴追センターが訴訟する「代理訴訟制度」に基づく措置。県内では昨年10月に神戸山口組の本拠地事務所(淡路市)に出され、地裁が使用禁止を決定。同12月には同組がみかじめ料の徴収拠点とする傘下事務所(神戸市中央区)に対しても申請され、立ち退きで和解が成立した。

 警察庁によると、任侠山口組の発足以降、今年3月28日までに神戸山口組との間で起きた衝突事件は9件。昨年9月には神戸市長田区の路上で織田絆誠代表らが神戸山口組側に襲撃され、組員1人が死亡した。

2018/6/28