連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
組関係者の出入りがあった山口組総本部=10日午前、神戸市灘区篠原本町4
拡大
組関係者の出入りがあった山口組総本部=10日午前、神戸市灘区篠原本町4
神戸山口組の関係者が出入りした俠友会事務所=10日午前、淡路市志筑
拡大
神戸山口組の関係者が出入りした俠友会事務所=10日午前、淡路市志筑

 指定暴力団山口組と、「対立抗争」状態にある指定暴力団神戸山口組が10日、それぞれ定例会を兵庫県内で開いた。両団体とも、神戸山口組が4月に暴力団対策法に基づく指定暴力団となってから初めての開催。

 神戸市灘区篠原本町4の山口組総本部と、神戸山口組の本拠地とされる直系団体俠友会事務所(兵庫県淡路市志筑)には、いずれも同日午前から幹部らを乗せたとみられる車が相次いで到着。兵庫県警の捜査員が双方の会場周辺で警戒にあたった。

 山口組からの離脱後に暴対法上の規制対象から外れた神戸山口組について、県公安委員会は4月15日、指定暴力団とした。組事務所の使用制限命令などのほか、多数での集合などを禁じる「特定抗争指定暴力団」とすることも可能となった。

 両団体は特定指定を逃れるため、傘下組織に衝突を禁じているとされ、県警が情報収集を進めている。

2016/5/10