連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
神戸地裁=神戸市中央区橘通2
拡大
神戸地裁=神戸市中央区橘通2

 兵庫県尼崎市の路上で2019年11月、特定抗争指定暴力団神戸山口組の男性幹部が射殺された事件で、殺人や銃刀法違反などの罪に問われた特定抗争指定暴力団山口組の元組員の男(53)=愛知県江南市=の初公判が8日、神戸地裁(小倉哲浩裁判長)で始まった。男は起訴内容を認め、量刑が争点となる。

 暴力団の絡む事件のため、地裁はこの事件を裁判員裁判の対象から除外。開廷前には、傍聴人や記者たちに対して厳重な身体検査が実施され、証言台と傍聴席の間に透明の防弾パネルも設けられた。

 午後1時半、丸刈りにオレンジ色のダウンジャケット姿の男が入廷。時折、メガネやマスクの位置を直しながら検察官の起訴状朗読などを聞き、裁判長に認否を問われると「間違いありません」と短く答えた。

 起訴状によると、男は19年11月27日午後5時すぎ、尼崎市神田南通1の路上で、神戸山口組の幹部=当時(59)=に自動小銃で弾丸15発を撃ち、死亡させたとされる。さらにその後、神戸山口組の別の組員を殺害するため、自動小銃1丁と拳銃1丁、銃弾39発を所持し、京都市南区まで車で向かったなどとされる。

 検察側は、事件後の現場の状況について、空の薬きょう15個と弾頭付きの銃弾13個が落ちていたなどと説明。自動小銃による銃撃が「あおむけに倒れた被害者がぴくりとも動かなくなっても続き、恐怖を感じた」とする目撃者の供述調書を読み上げた。

 一方、弁護側は、同被告が山口組と対立する神戸山口組への「『許せない』という個人的な思いから行った」として、山口組の組織的な関与を否定した。

2021/2/8
 

【山口組の分裂】

 2015年8月27日、全国最大規模の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)から、直系13団体が離脱し、「神戸山口組」を結成した。「山健組」(神戸市中央区)の井上邦雄組長がトップに就き、淡路市にある直系団体「俠友会」事務所を本拠地とした。

 分裂の背景には、篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体「弘道会」(名古屋市)を優遇する組織運営や、高額な上納金制度などへの反発があったとされる。

 双方の衝突が相次ぎ、警察庁は16年3月に「対立抗争状態」と認定。兵庫県公安委員会は同年4月に神戸山口組を暴力団対策法に基づく「指定暴力団」とした。同年末の構成員数は山口組約5200人、神戸山口組約2600人だった。

 一方、神戸山口組では17年4月に一部組長らが離脱して「任俠団体山口組」(後に「任侠山口組」に改称)の結成を表明した。対立は三つどもえの構図となったが、警察庁は「神戸山口組の内紛」との見方を���しており、構成員数は不明。

 山口組と神戸山口組が分裂してから約2年間で、双方の衝突は約100件発生。神戸山口組と任侠山口組の間でも2件の傷害事件などがあったほか、17年9月12日には、神戸市長田区にある、任侠山口組・織田絆誠代表の自宅付近で、代表らが乗った車を神戸山口組の組員が襲撃。降りてきた任侠側の組員を射殺する事件が起きた。

 兵庫県警は17年5月、全部署から構成する「歓楽街緊急対策本部」を設け、その実働部隊として歓楽街特別暴力団対策隊(特暴隊)を発足させた。「みかじめ料」名目で飲食店などから金を脅し取っていたとして組員を逮捕するなど資金源の遮断にも乗り出している。

天気(7月31日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ