連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
発砲事件があった現場周辺を調べる警察官=21日午後8時3分、神戸市中央区熊内町9
拡大
発砲事件があった現場周辺を調べる警察官=21日午後8時3分、神戸市中央区熊内町9

 「パーンパーンパーンとしっかりした音が3回聞こえた」。神戸市中央区熊内町9で起きた発砲事件。近くに住む40代の女性は、まだ耳に残る乾いた発砲音に声を震わせた。

 現場はJR新神戸駅の約100メートル北にある住宅街。周辺は多くの警察官や鑑識車両が行き来するなど、物々しい雰囲気に包まれた。

 幼い娘と暮らす女性は「最近まで警察車両が施設近くに止まって警戒してくれていたのに。全く安心できず、不安です」と表情を曇らせ、娘は「怖い」と母親の首にしがみついた。

 近くに住むアルバイト男性(19)は「パンパンと何回かはじけるような音が聞こえた。叫び声や怒号は聞こえなかった」と証言する。「普段から暴力団の施設があるのは知っていたけれど、人が撃たれるなんて」と声を落とした。

 また、別の40代女性によると、周辺では数年前にも暴力団関係者による事件があったといい、「ここ数年は平穏だと思っていたのに、今回の事件でまた騒がしくなると思うと怖い」と話す。

 散歩中の60代女性は「普段はとても静かな場所なのでびっくり。これから不安な日々が続くと思うとたまらない」。近くの女性(42)も「山口組の分裂以降、何があるか分からないと思っていたので、とても怖い。一般の人が巻き込まれないようにしてほしい」と戸惑いを隠せない様子だった。

2019/8/21