連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷

 神戸市中央区で8月、指定暴力団山口組系組員が銃撃された事件で、神戸地検は25日、殺人未遂と銃刀法違反の罪で、対立する指定暴力団神戸山口組の中核団体「山健組」組長中田浩司容疑者(60)を起訴した。認否は明らかにしていない。

 起訴状などによると8月21日、神戸市中央区にある山口組の中核団体・弘道会の拠点施設前で、軽乗用車の運転席にいた同会系組員(51)に拳銃を6発発射し、うち5発を命中させ、全治約半年の重傷を負わせたとされる。

 兵庫県警は現場周辺の防犯カメラ映像などから中田被告が実行犯と判断し、3日に大阪市内で逮捕した。

2019/12/25