連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
サイン騒動を受け、JR新神戸駅構内に張り出された掲示物=5日午前、神戸市中央区
拡大
サイン騒動を受け、JR新神戸駅構内に張り出された掲示物=5日午前、神戸市中央区

 指定暴力団山口組の定例会が5日、神戸市灘区の同組総本部である。兵庫県警は1カ月前に山陽新幹線新神戸駅(同市中央区)で起きた“サイン騒動”を受け、同駅でも朝から厳重に警戒。JR西日本と合同で実施した新たな対策が奏功したのか、騒動を仕掛けた神戸山口組系組員らが集まることもなく、山口組組長も姿を見せなかった。

 新たな対策は、掲示物による駅構内での「禁止事項」の明示。対象は組員に限らないが、駅利用者らに不安を与えたり、通行を妨げたりする行為を禁じ、違反者には退去を求める。応じなければ県警が厳しく対処する方針で、今月3日に構内約10カ所へ張り出した。

 5日は数十人の警察官が防弾チョッキ姿で新神戸駅に配置され、白バイが周辺を警戒したが、神戸側の組員が集まることはなかった。捜査関係者によると、山口組の篠田建市(通称・司忍)組長(74)は車で総本部入りしたとみられ、定例会に出るため同駅を利用した山口組直系組長らにも禁止行為はなかった。

 騒動は9月5日にあり、神戸側の組員ら数十人が定例会に向かうため改札口を出た篠田組長に「サインくださぁい」と叫び、制止した警察官ともみ合いになった。

2016/10/5