連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷

動画一覧へ
乗用車が衝突した●友会事務所の玄関付近を調べる兵庫県警の捜査員ら。衝突した乗用車はブルーシートに包まれ、レッカー移動された=11日午前8時30分、淡路市志筑(注)●は「侠」の右が「夾」
拡大
乗用車が衝突した●友会事務所の玄関付近を調べる兵庫県警の捜査員ら。衝突した乗用車はブルーシートに包まれ、レッカー移動された=11日午前8時30分、淡路市志筑(注)●は「侠」の右が「夾」

 11日午前6時前、淡路市志筑の暴力団神戸山口組直系団体「俠友会」事務所に、乗用車1台が突っ込んだ。同事務所は指定暴力団山口組から分裂した神戸山口組の本拠地。淡路署は器物損壊の疑いで、車に乗っていた住所、職業不詳の男(52)を現行犯逮捕した。

 兵庫県警は山口組分裂に伴うトラブルとみて捜査。昨年8月の分裂後、両団体の本拠地が狙われた事件は初めてとみられる。

 逮捕容疑は俠友会事務所の門扉付近に車をぶつけ、外壁の一部を壊した疑い。男は県警の調べに「車の運転を誤った。暴力団事務所とは知らなかった」と容疑を否認している。県警によると、男が暴力団関係者かどうかは不明で、慎重に調べている。当時、事務所内には数人がいたが、けがはなかった。

 県警の説明では、この日午前5時半ごろ、洲本市内の店舗で、店員が男性から俠友会事務所の場所を尋ねられたという。県警は情報をもとに同事務所周辺に警察官を配置、その直後に車が突入した。

 現場は淡路市役所の南西約800メートルで、国道28号沿いの住宅地の一角。

2016/4/11