連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
新年の方針を示す「事始め式」に出席するため、直系組長らが集まった山口組総本部=13日午前、神戸市灘区篠原本町4
拡大
新年の方針を示す「事始め式」に出席するため、直系組長らが集まった山口組総本部=13日午前、神戸市灘区篠原本町4
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸を本拠地に勢力を拡大してきた山口組の分裂から間もなく4カ月。決別の波紋はどこまで広がるのか。

     ◆     ◆

 今月8日夕、神戸・三宮。兵庫県内随一の繁華街近くの交差点に数十人の男が集まった。彼らは指定暴力団「山口組」を離脱した「神戸山口組」の傘下組員。鋭い目線の先にはかつての仲間でありながら、今は敵対組織に属する組事務所があった。

 1時間半後、姫路市役所近くの住宅街。山口組系事務所前に十数人がずらりと並んだ。出迎えられた最高幹部は報道陣のフラッシュを浴びながら建物に消えた。この幹部による傘下組織への激励は11月以降、県内外で確認されている。

 人目をはばからずに活動する組員。背景には8月下旬に起きた山口組の分裂があるとみられる。「どこで衝突してもおかしくない」と捜査員。山口組と神戸山口組。二つの組織のにらみ合いが続く。

     ◆     ◆

 90・3%-。

 分裂前の2014年、山口組が兵庫県内の暴力団関係者に占めた割合だ。数にすると、1643人中1483人。全国では2万3400人で44%を占め、勢力は全国44都道府県に広がる。組員100人未満の指定暴力団もある中、その規模は群を抜く。

 山口組ができたのは100年前の1915(大正4)年。捜査員は「時代に応じた資金源をつかんできた」と指摘する。潤沢な資金力と暴力が全国進出の原動力だった。

 3代目組長(46~81年在任)の時代には神戸港の港湾荷役や芸能興行で利権を握り、バブル経済下では不動産や株の取引に介入し資金を獲得。近年は特殊詐欺や偽ブランド品の販売、貧困ビジネスへの関与も指摘される。

 兵庫県警が68年にまとめた「広域暴力団山口組壊滅史」によると、60年に兵庫など約10府県だった勢力範囲は数年で31都道府県に。市街地での銃撃戦もいとわず、「勢力拡張のためには手段を選ばぬ凶暴さ」と記された。

 捜査員は言う。「貪欲に勢力を広げる『膨張志向』は脈々と引き継がれている。縄張りを守る意識が強い関東の暴力団とは、そこが根本的に違う」

     ◆     ◆

 組織の対立に伴う暴力事件は何度も市民を巻き添えにしてきた。4代目を継承した組長側と反組長派が争った「山一抗争」(85~87年)は民間人を含め100人近くの死傷者を出した。

 今回の分裂以降も長野や愛知などで組関係者の死傷事件が相次ぐ。「兵庫で起きていないからといって油断できない」と捜査員。山一抗争で4代目組長が射殺されたのは、分裂のほぼ半年後だった。

 「今年の夏以前は1丁30万円ほどだった拳銃が3倍以上に高騰している」。暴力団周辺に不穏な情報も流れ、捜査側も対立の行く末を読みあぐねる。

 「終息の道筋すら見えてこない」

 【山口組の分裂】 国内最大の指定暴力団「山口組」(総本部・神戸市灘区)の直系組長73人のうち13人が8月27日に離脱。「絶縁」や「破門」の処分を受け、有力団体だった「山健組」(神戸市中央区)の井上邦雄組長をトップに「神戸山口組」を結成した。山口組の篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体「弘道会」(名古屋市)を重視した人事や高額な上納金など組織運営への反発があったとされる。

2015/12/18

【山口組の分裂】

 2015年8月27日、全国最大規模の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)から、直系13団体が離脱し、「神戸山口組」を結成した。「山健組」(神戸市中央区)の井上邦雄組長がトップに就き、淡路市にある直系団体「俠友会」事務所を本拠地とした。

 分裂の背景には、篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体「弘道会」(名古屋市)を優遇する組織運営や、高額な上納金制度などへの反発があったとされる。

 双方の衝突が相次ぎ、警察庁は16年3月に「対立抗争状態」と認定。兵庫県公安委員会は同年4月に神戸山口組を暴力団対策法に基づく「指定暴力団」とした。同年末の構成員数は山口組約5200人、神戸山口組約2600人だった。

 一方、神戸山口組では17年4月に一部組長らが離脱して「任俠団体山口組」(後に「任侠山口組」に改称)の結成を表明した。対立は三つどもえの構図となったが、警察庁は「神戸山口組の内紛」との見方を示しており、構成員数は不明。

 山口組と神戸山口組が分裂してから約2年間で、双方の衝突は約100件発生。神戸山口組と任侠山口組の間でも2件の傷害事件などがあったほか、17年9月12日には、神戸市長田区にある、任侠山���組・織田絆誠代表の自宅付近で、代表らが乗った車を神戸山口組の組員が襲撃。降りてきた任侠側の組員を射殺する事件が起きた。

 兵庫県警は17年5月、全部署から構成する「歓楽街緊急対策本部」を設け、その実働部隊として歓楽街特別暴力団対策隊(特暴隊)を発足させた。「みかじめ料」名目で飲食店などから金を脅し取っていたとして組員を逮捕するなど資金源の遮断にも乗り出している。

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ