連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
発砲事件を受け、現場に駆け付けた警察官ら=21日午後、神戸市中央区熊内町9
拡大
発砲事件を受け、現場に駆け付けた警察官ら=21日午後、神戸市中央区熊内町9
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
発砲事件があった現場周辺を調べる警察官=21日午後8時3分、神戸市中央区熊内町9
拡大
発砲事件があった現場周辺を調べる警察官=21日午後8時3分、神戸市中央区熊内町9

 21日午後6時15分ごろ、神戸市中央区熊内町9の建物付近で「暴力団員が撃たれた。容疑者が逃走している」と消防から110番があった。葺合署によると、建物は指定暴力団山口組(神戸市灘区)の最大勢力「弘道会」(名古屋市)が拠点として使用。同会関係者とみられる男性が重傷を負い、発砲した何者かが単車で逃走した。兵庫県警暴力団対策課は同日、殺人未遂容疑で同署に捜査本部を設置した。

 同署などによると、男性は50歳ぐらいとみられ、腹や腕、太ももを撃たれたが、意識はあるという。男性は車で買い物に行った帰りで、建物前に車を止めて運転席にいたところ、フルフェースのヘルメットをかぶってスクータータイプの単車に乗ったまま近づいてきた何者かに数発撃たれたとみられる。

 今年4月18日には、山口組と対立する指定暴力団神戸山口組の中核団体「山健組」の最高幹部が、神戸市内の商店街で山口組組員に刺される殺人未遂事件が起きている。県警は抗争事件の可能性があるとみて調べる。

 現場は、JR山陽新幹線の新神戸駅から約100メートル北側にある住宅街。

2019/8/21