連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

山口組分裂騒動

  • 印刷
特別警戒所の建設工事が始まった淡路市の市有地。●友会事務所(奥)を見渡せる=淡路市志筑(注)●は「侠」の右が「夾」
拡大
特別警戒所の建設工事が始まった淡路市の市有地。●友会事務所(奥)を見渡せる=淡路市志筑(注)●は「侠」の右が「夾」

 指定暴力団神戸山口組に対する監視を強化するため、兵庫県淡路市志筑にある同組の本拠地近くに兵庫県警が「特別警戒所」を設け、4月にも開所させることが1日、関係者への取材で分かった。拠点を活用して巡回の回数を増し、対立が続く指定暴力団山口組との衝突を抑え込む方針だ。

 神戸山口組は直系団体「●友会」事務所を本拠地とし、全国の直系組長らが毎月のように集まって「定例会」を開いている。昨年4月には厳しい規制が及ぶ指定暴力団となったが、以降も直系組長を増やすなど一定の勢力を維持しており、不安を募らせた地域住民らは同年10月に「暴力団追放淡路市民の会」を結成した。

 特別警戒所は俠友会事務所の北西側に隣接。淡路市が昨年取得した約590平方メートルの土地を県警に無償で貸し出し、県警が現在、建設工事を進めている。宿泊設備を備えているため24時間の警戒が可能で、4月以降は捜査員が随時立ち寄り、組員らの動向に目を光らせる。

 同市の担当者は「警戒所は市民にとって心強い。開所を機に市民の会と追放運動を盛り上げ、立ち退きを実現したい」とする。

 県警は昨年8月、神戸市灘区の山口組総本部前にも同様の特別警戒所を開設している。

(注)●は「侠」の右が「夾」

2017/2/2