連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
社会学部4年の柴田和果さん。(提供写真)
拡大
社会学部4年の柴田和果さん。(提供写真)

 関学大の体育会全42部を束ねる体育会学生本部本部長に、初の女性が就任した。社会学部4年の柴田和果(のどか)さんだ。

 学生本部は2~4年の各学年約10人計約30人で構成。体育会の執行機関として行事の運営などを担う。各部に割り当てられたローテーションや立候補で毎年、代表を送り出す。柴田さんは庭球部女子のトレーナーとして活動。2年生の春、他部から立候補で本部入りする友人に誘われ、当時ローテーションに当たっていた庭球部の代表として学生本部に加わった。

 自ら本部長を志願したという柴田さん。きっかけは2年生の冬に参加したリーダーズキャンプだった。体育会のリーダーたちが集まり、2泊3日で「理想の体育会とは」「リーダーとしてどうチームを引っ張るか」などを討議する中、「体育会のリーダーである本部にいる自分が変わらないといけない」と感じたという。

 本部長として「愛し愛される体育会を目指す」と柴田さんは意気込む。任期は今年の11月まで。

 (関学大総合政策学部3年・中野椋)

2016/4/6

天気(7月12日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 30%

  • 26℃
  • 22℃
  • 40%

  • 27℃
  • 23℃
  • 40%

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ