連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
学生を支援する関西学院大学職員の(左から)久保田健介さん、池部雅崇さん、八木寛人さん=西宮市内
拡大
学生を支援する関西学院大学職員の(左から)久保田健介さん、池部雅崇さん、八木寛人さん=西宮市内

 関西学院大学(兵庫県西宮市)の教職員有志7人が、新型コロナウイルスの影響で苦しむ同大の1年生を支援するため、希望者に電子ギフト券を配るキャンペーンを展開している。

 7人は大学教育の勉強会を開く仲間。「心意気と思いを届けたい」と支援を始めた。入学後、大学へ来られず、影響が最も大きいとして1年生を対象にした。活動する教育学部の江原昭博准教授(54)によると、教職員有志による呼び掛けは珍しく、これまでに約100人が寄付したという。

 一方、電子ギフト券を希望し、応募した学生は11月26日現在、1700人を超える。応募時にメッセージ欄に「力をもらった」「より関学が好きになった」などと書かれていたといい、「感謝のメッセージに涙がこぼれた」と国際連携機構の八木寛人さん(35)。江原准教授は「取り組みを通してスクールモットーのマスタリー・フォア・サービス(奉仕のための練達)の輪を広げたい」と話す。(関西学院大学社会学部1年・林昂汰)

2020/12/9

天気(6月14日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 21℃
  • 70%

  • 28℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ