連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
拡大

 神戸学院大図書館が「図書館留学」という企画を行っている。学生たちに英語と触れ合う場を提供することが目的。さまざまなプログラムの中で、最も人気を集めるのが「てくてくEnglish」だ。

 このプログラムは洋書を読み、その要約や感想を専用の「てくてくノート」に記録していくというもの。てくてくという言葉には、一歩ずつ自分のペースで進めていくという意味が込められている。

 学生は辞書を使わず、知っている単語や挿絵などをたよりに読み進める。最初は簡単なものから始めて徐々にレベルを上げていくことで、英文を読めるようになっていくという。読んだ単語数をポイントのようにためていくと、トートバッグや図書カードがプレゼントされる。

 同館の担当者としてプログラムを考案した北亦太陽子(きたまたたよこ)さんは「英語が苦手な学生の皆さんも気軽に参加してほしい」と話している。

 (神戸学院大法学部3年・山西敦也)

2019/7/10

天気(7月17日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 23℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ