連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
大学オーケストラ「関西学院交響楽団」の定期演奏会=2月8日、神戸国際会館こくさいホール
拡大
大学オーケストラ「関西学院交響楽団」の定期演奏会=2月8日、神戸国際会館こくさいホール

 国内屈指の歴史を誇る大学オーケストラ「関西学院交響楽団」(兵庫県西宮市)の定期演奏会が2月8日、神戸市中央区の神戸国際会館こくさいホールであった。世界的指揮者の佐渡裕さん(58)を招き、客席を埋めた観衆約2千人を前に、チャイコフスキーの交響曲第5番や地元出身の作曲家大澤壽人の交響組曲「路地よりの断章」などを熱演した。

 佐渡さんが同交響楽団を指揮するのは2回目。「再び」という約束が35年越しで実現した。佐渡さんがアマチュアオーケストラを指揮するのは珍しいという。

 大澤壽人は神戸出身で、1930年に関西学院高等商学部を卒業した。「地元になじんだ曲を」と佐渡さんが同交響楽団に持ち掛け、「路地より-」の演奏が決まった。

 関学大文学部2年の団員、横枕明依さんは「これまでに演奏例が少ない曲。音源もないため練習は難しかった」と振り返った。佐渡さんは「難しい曲だったが、(関西学院の)卒業生にユニークな人がいたことを伝えたかった」と話した。

 今回の演奏会は「阪神・淡路大震災25周年メモリアル」という副題が付いた。演奏会の本番に向けて団員は震災について学ぶ勉強会を開き、練習後には黙とうをささげた。会場では、震災時の関西学院大の様子や、佐渡さんが抱く震災への思いを知ることができる展示もあった。(関西学院大法学部2年・松岡樹)

2020/3/11

天気(8月10日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ