連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
春休みに行われたオンラインボランティアの様子
拡大
春休みに行われたオンラインボランティアの様子

 神戸学院大学ボランティア活動支援室の学生スタッフが企画、運営するボランティア活動が、春休みにオンラインで行われた。

 同室は、学生が参加しやすいよう毎年春・夏休みに活動を計画。今回は医療系、環境系、国際系、子ども系の四分野で行われ、約60人が参加した。

 例年は小学生とのおもちゃ作りや高齢者施設の利用者との交流などをしてきたが、対面での活動が難しくなったため、内容を変更。オンラインで小学生とクイズ形式の学習会をしたり、福祉についての討論会を開いたりした。

 学生スタッフ代表で現代社会学部3年の藤原梨名さんは「急な変更で、オンラインでどこまでできるのか不安でしたが、実際にやってみると、何とかうまくいってよかったです。次回の企画も多くの学生に参加してほしい」と振り返った。

 学習会に参加した同学部3年の学生は「いろいろな子どもたちに楽しんでもらえるよう、臨機応変な対応が必要だと分かった」と話した。

 (神戸学院大学現代社会学部3年・筈井大智(はずいだいち))

2021/5/12
 

天気(9月27日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ