連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

学園リポート

  • 印刷
神戸大六甲台第1キャンパス社会科学系図書館本館
拡大
神戸大六甲台第1キャンパス社会科学系図書館本館

 神戸大六甲台第1キャンパス(神戸市灘区)にある社会科学系図書館本館=写真。外観は1933(昭和8)年の完成当時から変わらず、館内もレトロな雰囲気からCMのロケに使われるほどだ。

 鉄筋コンクリート造りの2階建てで、外壁は淡黄色で縦に筋の入った「スクラッチタイル」張り。昭和初期の学校建築の好例として、国の登録有形文化財になっている。

 2013年度に初めて大規模な改修工事があり、館内も当初の姿への復元が試みられた。エントランスの照明にあえて蛍光灯よりも明るさが劣る器具を使うなど徹底的にこだわった。また、グループ学習ができるスペースも設けられ、学生に好評だ。

 「施設の古さ故に評判が悪い時代もあった」と振り返る付属図書館職員の湖内(こない)夏男さん。「建築技術が進歩し、当時のデザインのまま利便性を追求できるようになった」と語る。誕生から80年を超えてなお、当時のままの姿で人々に愛されている。

 (神戸大発達科学部2年・竹内 涼)

2016/7/6

天気(11月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ